まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
34度-24度
両替レート
1万円=P4,510
$100=P5,010

新着情報

最新のトップ記事

超法規的殺人

マニラ市マラテ地区のバーで超法規的殺人をテーマにした写真展が31日まで開催

バーの壁に掲げられた写真を見つめる客=26日午前0時半ごろ、首都圏マニラ市マラテ地区のバー、オアハウスで冨田すみれ子撮影

 首都圏マニラ市マラテ地区ジョージ・ボコボ通りのバー「Oarhouse(オアハウス)」で、フィリピン人報道カメラマン14人による超法規的殺人を題材にした写真展が開かれている。ドゥテルテ政権が強硬に進める違法薬物撲滅政策開始後、7千人にも上る薬物取引容疑者が殺害されており、写真展は「超法規的殺人の現実」を伝えようと開催された。今月末まで。

3月27日のニュース

無料記事 英字

President Rodrigo Duterte on Saturday said he is not afraid to be killed because of his war on illegal drugs.

"I am the 16th president....

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

まにら新聞シネ・クラブ第3回映画上映会「がんばっぺフラガール!〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜」
 【時】4月1日(土) 午後5時〜6時45分(開場:午後4時30分)【所】TIUシアター 1230 Amorsolo St., corner Dela Rosa St., Makati City(首都圏マカティ市)【費】無料【問】電話02-805-0033 「がんばっぺフラガール!〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜」(監督:小林正樹、2011年、102分)を上映(まにら新聞シネ・クラブ主催、国際交流基金日本文化センター共催)。東日本大震災の発生から6年。2011年3月11日に発生したあの大震災により甚大な被害を受けた福島県いわき市。地震、津波、原発事故、風評被害の四重苦にあえぐこの地で、東北のハワイとして長い間親しまれてきた大型レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」が、開業前年に行ったフラガールたちによる全国キャラバンを46年ぶりに復活させた。寒冷の地に作り上げられ、地元のピンチを救った巨大な楽園設立のエピソードは、2006年に公開された映画『フラガール』でもお馴染みとなった。そのエピソードから45年の時を経て蘇る彼女たちの復興への大きな一歩を描くドキュメンタリー映画。