まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-21度
両替レート
1万円=P4,740
$100=P5,220

メトロマニライベント情報

2019年2月15日 金曜日掲載

新しいマニラが見つかる本『マニラブ』出版記念イベント

【日】3月10日(日)午後2〜午後5時(開場午後1時半)【所】TIU シアター マカティスクエア2F(首都圏マカティ市)TIU Theater, Makati Square 2F, Chino Roces Ave Legazpi Village, Makati City【入場料】一般500ペソ(15歳以下無料)【問】電子メール manilove@takuseki.com【参加登録】公式ウェブサイト特設ページから【公式ウェブサイト】http://maniloveclub.com/【Facebook / Twitter / Instagram】@maniloveclub マニラを愛する現地在住者コミュニティー「まにら部」制作の初のマニラ特化型ガイドブック『マニラブ』が完成した。旅行者も在住者も楽しめて役に立つ情報が豊富な「新しいマニラが見つかる本」。まにら部独自の斬新な編集によるユニークな内容と、デザインも好評だ。先行入手した人たちの感想はフェイスブック、ツイッター、インスタグラムで確認できる。『マニラブ』発行を記念し、まにら部がまにら新聞との共催で3月10日に出版記念イベントを開催する。来場者に『マニラブ』を配布するほか、制作秘話、景品付きクイズ大会、グッズ販売、在住者によるパネルディスカッションなど大人も子どもも楽しめるさまざまな企画を予定。イベントを皮切りに『マニラブ』の一般配布が開始される。先行入手を希望する方はクラウドファンディングと同様の支援という形で入手可能な窓口が設定されている。詳しくは公式ウェブサイトで。

2019年2月10日 日曜日掲載

「RAMPAGE」著者ジェームス・M・スコットさんトークショー

【時】2月12日(火)午後4時30分【所】 アヤラ美術館 Ayala Museum(首都圏マカティ市)Makati Avenue corner De La Rosa
Street Greenbelt Park, Makati City【費】無料(事前座席予約は電話または登録)【登録】https://tinyurl.com/fhl-rampage【問】電話(02)759 82 81 電子メール asklibrarian@filipinaslibrary.org.ph【公式フェイスブック】https://www.facebook.com/events/2016086815174294/ 「RAMPAGE ランページ マッカーサーと山下、マニラ市街戦」の著者ジェームス・M・スコットさんの新刊発表とトークショー。本書は、米国とフィリピンでの研究と戦争裁判時の供述書、事後レポート、および生存者へのインタビューなどに基づき、29日間に及ぶフィリピン首都マニラ解放の戦いとその後を記した歴史研究書。当日はジェームスさんの「Target Tokyo」(2016年ピューリッツァー賞ファイナリスト作品)と「 The War Below」(サミュエル・エリオット・モリソン海軍文学賞受賞作品)も会場で発売。

NGO おみやげバザー

【時】2月20日(水)午前10時半〜午後3時【所】Uniquease(ユニカセ) レストラン(首都圏マカティ市)Unit C, #1036, Hormiga cor Teresa St.,Rizal Village, Brgy. Valenzuela,Makati City【入場料】無料【問】電話 090 6319 9794 電子メール likha.payatasph@gmail.com( ソルトパヤタスのLoretaL. Lasin さん)NPO 法人ソルト・パヤタスが主催するバザー。生産者の収入源となるようなイベントを行う。比で活動するNGO 団体の手工芸品、織物製品、アクセサリーなどの雑貨や食品を販売。商品を販売することで生産者の収入源とすることを目的としたバザー。

第10回フィリピン国際花火競技大会

【時】2月16日(土)〜3月23日(土)午後7時半〜午後10時、毎土計6回【所】モール・オブ・アジア(MOA)(首都圏パサイ市)Main Mall SM Central Business Park, SM
Mall of Asia, Seaside Blvd, 123, Pasay City【費】1800ペソ(夕食付き)、VIP 席600ペソ、ゴールド350ペソ、シルバー120ペソ【23日最終日】2000ペソ(夕食付き)、VIP 席800ペソ、ゴールド400ペソ、シルバー150ペソ【チケット】https://smtickets.com/【公式ウェブサイト】https://www.facebook.com/PyroPhilippines/ 10カ国の花火メーカーと花火師が技術を競う、花火のオリンピック大会。昨年の勝者はイギリスとドイツ。フィリピンは競技には参加していないが、初日と最終日にパフォーマンスを行なっている。日程:2月16日(土)オープニングはフィリピン x フィンランド、2月23日(土)イタリア xベルギー、3月2日(土)ポルトガル x ドイツ、3月9日(土)フランス x 中国、3月16日(土)ポーランド x イギリス、3月23日(土)ファイナルはカナダ x フィリピン。