まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,530
$100=P4,975

日本語Eラーニング 国語・作文教室

 まにら新聞監修 日本語Eラーニング 国語・作文教室、2020年11月に開校いたしました。パンデミックの影響で国語学習がさらに遅れてしまう方、ハーフのお子様や現地校に通うお子様など、ご両親だけで日本語教育を行うのに限界があるというご家庭のために、子供たち一人一人のレベルに合わせた国語教育を提供しています。マニラだけではなく、セブや地方からもご受講頂いており、国語教育・文章技術のプロである講師たちが丁寧に指導しています。

●まにら新聞監修 日本語Eラーニング 国語・作文教室の5つの特徴

 

Point 1:週3時間(50分授業を3コマ)の徹底国語授業!

国語コースの授業時間は週に3時間。50分授業、10分休憩を3コマです。普段は英語やタガログ語を使って生活しているお子様も、日本語にしっかりと触れていただく時間が作れます。

Point 2:年齢ではなく、レベルに合わせたクラス分け制度

 入学頂くとまずは先生と面談をしていただきます。それによって、その生徒がベーシックから中学上級レベルまでどのレベルにいるのかを判断し、クラスを決定します。常に実力より少しだけ上のクラスになるようにしており、レベルには合っているが、チャレンジもできるようにクラスを決めています。日本人学校の生徒さんの場合は学校の授業の予習ができるよう、少し先を進めるようにしております。

Point 3:教材は日本の公立学校・マニラ日本人学校で使用される文部科学省検定済教科書

 ベーシック(日本語初心者向けクラス)以外は、日本の公立学校・マニラ日本人学校で使用される国語の教科書を使用します。日本に住む子供と同様の勉強が可能です。

Point 4:2カ月に1度のテストと評価制度

 偶数月の最後の授業で毎回テストを行います。それにより、ただ授業を受けるだけではなく、お子様がどのくらい身についているかを測ることができます。また、テストの後には、2ヶ月の授業での様子とテストの点数を合わせた成績表のような「認定証書」を発行いたします。保護者様もそれによってお子様の成長ぶりを確認することができます。

Point 5:作文コースの徹底した受験小論文対策と、国語コース小学上級クラスからの社会科の学習

 作文コースは日本の中学や高校受験を考えているお子様向けに、受験小論文の書き方を学びます。講師は日本での教諭経験を持つまにら新聞現役記者。生徒の志望校に合わせて出題されやすいテーマなどを分析、テーマに対する思考方法から文章の書き方・組み立て方を徹底指導します。
 国語コースの小学上級・中学初級・中学上級クラスでは、月に2コマ社会科の授業を取り入れています。国語が苦手だと社会の授業でも言葉がわからずついていけなくなりやすい、また現地校に通っているお子様だと日本の歴史なども疎くなってしまいがちです。社会の授業を通して、日本の歴史や地理についても学んで頂ければと思います。

小学中級クラス(E2)授業風景

●基礎情報

【授業形式】ZOOMを使ったオンライン授業

【授業時間】授業コマ数(1コマ50分授業)国語:週に3コマ 作文:週に2コマ


コース クラス名称 クラスレベル 授業時間
国語
※月2コマ社会
J2 中学上級 毎週土曜日午前9時半〜午後0時半
J1 中学初級 毎週土曜日午前9時半〜午後0時半
E3 小学上級 毎週土曜日午前9時半〜午後0時半
国語 E2 小学中級 毎週土曜日午前9時半〜午後0時半
国語 E1 小学初級 毎週土曜日午前9時半〜午後0時半
国語 日本語初心者 毎週土曜日午前9時半〜午後0時半
国語 H1 高校 開講予定
作文 作文 日本の中学・高校受験対策 毎週土曜日午後4時〜午後6時

【対象生徒児童】小学生・中学生・高校生が対象です。未就学児で早期の国語教育を希望される場合はお問い合わせ下さい。具体的には以下のようなご希望を持つお子様が対象になります。


(1)インターナショナルスクール生で日本の学校の国語授業を補習として受けたい。

(2)日本人学校に通っているが国語・作文のレベルアップを目指したい。

(3)フィリピンの一般校に通っている日本人のお子様で、国語(日本語)を学ぶ機会がないが、国語は学んでおきたい。

(4)日本の中学・高校受験で試験科目に「作文」「小論文」がある児童生徒で、受験対策としての指導を受けたい。


【授業内容】

国語コース 小学校・中学校ともに学年にかかわらず、国語力と本人や保護者の希望に応じてクラス分けを実施します。基本的には日本の教科書を元にした授業を行いますが、必要に応じて補助教材も用意します。

作文コース 国語コースでも作文の指導はしますが、この授業は受験生に特化した内容になります。作文や小論文のコツと対策を徹底指導、志望校の試験内容に合わせた指導になります。少人数制です。


【授業料】

入学金(教材費含む):3,000ペソ

受講料(前月の第3週目までに支払い):国語 月額6,000ペソ 作文 月額8,000ペソ
クレジットカード決済の場合:国語 月額13,200円 作文 月額17,500円)

※3カ月一括払いの場合には割引があります。

※兄弟で受講の場合は、月謝は2割引となります。

※教材は基本的には日本人学校で使用される教科書になり、当方で用意します。(費用は入学金に含まれます)


【授業料納付方法】

クレジットカード、お振込、またはまにら新聞にて直接お支払い頂きます


振込先

銀行名 :Union Bank of the Philippines 各支店
支店名 :BGC 7th Ave Branch
口座番号:(Savings Account Number)001940003079
口座名義:STEP JP PRINTING SERVICE INC.

日本の銀行へ円建てでお支払いの場合

ゆうちょ銀行 四〇八支店
普通預金 6414890
カ)ステップキャピタルマネジメント


日刊まにら新聞本社

2nd floor No. 928 Arnaiz Avenue, Barangay San Lorenzo, Makati City,
Metro Manila, Philippines
岡本:0917-748-6776 (火〜金の2〜9pm)、okamoto@manilashimbun.com

講師紹介


運営責任者 岡本浩志(おかもと・ひろし)
 1960年、京都市生まれ。同志社大法学部卒。1985〜91年まで京都府立久御山高校教諭。99〜2001年、同志社国際中・高校非常勤講師。02〜 03年、日本基督教団京都復興教会で伝道師として勤務。現在、フィリピンにて通訳・翻訳者。日刊まにら新聞記者。作文担当。

講師 リン・カアグ
 フィリピン大学ディリマン校教育学部在籍。日本語検定4級取得。 2019年より英語・タガログ語・基礎的な日本語の語学講師を始める。ベーシッククラス担当。

講師 橋本秀子(はしもと・ひでこ)
 1970年、宮城県出身、現在鎌倉市在住。昭和女子大学文学部日本文学科卒。1994〜2002年まで東北外国語専門学校日本語学科専任講師、2014〜2017年まで早稲田EDU日本語学校の非常勤講師。大学にて主専攻により日本語教員資格を取得。高等学校・中学校の教諭資格を持つ。趣味は音楽全般。楽器の指導も行う。小学初級クラス担当。

講師 田尾聖(たお・せい)
 1980年、東京生まれ。都立国立高校卒業後、東京学芸大学教育学部N類人間科学心理学卒。2003〜2006年の間、東京学芸大学教育学部の松田准教授秘書。2007〜2009年 GABA英会話学校にてパートカウンセラーとして勤務。日本心理学会認定心理士。趣味はフィットネス、読書、音楽鑑賞、スキューバダイビングから乗馬まで広範囲。小学中級クラス担当。

講師 中田都希(なかた・みき)
 1998年、横浜市生まれ。上智大学総合人間科学部教育学科に在学。2019〜20年、フィリピン大学ディリマン校交換留学、日刊まにら新聞記者インターンシップを経て、現在は横浜市在住。大学での専門は国際教育開発学。小学校上級クラス担当。

講師 竹下友章(たけした・ともあき)
 1985年生まれ。鹿児島県出身。鹿児島大学大学院で経済学修士を取得。2019〜21年、国立フィリピンポリテクニック大学で特別講師として日本語、経済学を教える。現在、鹿児島大学博士課程に在学しながら、日刊まにら新聞の記者を務める。中学初級クラス担当。

講師 岡田譲治(おかだ・じょうじ)
 早稲田大学卒業。放送大学大学院修士課程修了。神奈川県立高校国語科教諭として38年間勤務。退職。現在はフィリピンの近現代史を中心にアジア史を研究。横浜市在住。中学上級クラス担当、2021年5月より高校クラス担当予定。

講師 勝見莉於(かつみ・りおん)
 1998年、青森県生まれ。滋賀大学法学部3年在学中。フィリピンでの語学留学・日刊まにら新聞研修記者を経て、現在は日本在住。控えの講師。

中学上級クラス(J2)授業風景

お問い合わせ

日本語Eラーニング 国語・作文教室 事務局

岡本:0917‐748‐6776(火〜金の2〜9pm)
okamoto@manilashimbun.com
https://www.facebook.com/manilashimbunkokugoschool


まにら新聞編集部

2nd floor No. 928 Arnaiz Avenue, Barangay San Lorenzo, Makati City, Metro Manila

メール:jedit@manilashimbun.com

岡本:0917‐748‐6776(火〜金の2〜9pm)
okamoto@manilashimbun.com

日本人の先生に習うフィリピン語

まにら新聞監修 フィリピン語Eラーニング タガログ語教室

フィリピン語を話せるようになってみたい、習ったことがあるが文法を理解していないので暗記したことしか話せない、という方必見! フィリピン語講師歴20年の澤田公伸先生が、文法から会話まで丁寧に指導します。

初級・中級クラス同時開講。全く初めての方も、以前習ったことがありさらにブラッシュアップしたい方も学んで頂けます。新規生徒募集中です。お問い合わせください。

講師紹介

澤田公伸

大阪府生まれ。旧大阪外国語大学(現大阪大学)フィリピン語専攻コース修士課程修了。同大学非常勤講師を経て、1996年からまにら新聞社で記者として働き始める。2000年ごろから新聞社付属カルチャーセンターでフィリピン語(タガログ語)講座を開講し、現在に至る。主な著書、翻訳書に「ゼロから話せるフィリピノ語」(共著、三修社)、「ことたび・フィリピノ語」(白水社)、「物語・マニラの歴史」(共訳、明石書店)、「戦争の思い出~日本占領下で生き抜いたフィリピン少女の物語」(ヘレン・メンドーサ著、メディアイランド)など

授業形態

ZOOMを使ったオンライン授業

クラスと日時

週1時間半授業 初級クラス 毎週土曜午後4:00〜5:30(比時間)

授業料

入会金1,000ペソ (2,200円)

月謝制4,800ペソ/月(10,500円)

フィリピン語Eラーニング タガログ語教室

澤田:0947-221-1755:masi_manila@yahoo.co.jp

深田:rie.fukada@manilashimbun.com