まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
1万円=P4,400
$100=P4,84

3月21日のまにら新聞から

サーキットブレーカー型? 感染者急増で対応に混乱

[ 1258字|2021.3.21|社会 ]
隔離された住民に聞き取り調査を行うため、ロックダウンされた通りを通過するコンタクトトレーサー(濃厚接触者の追跡者)=3月15日、首都圏ケソン市(EPA=時事)

 新規の新型コロナウイルス感染者数が連日、過去最多を更新。政府や首都圏などの自治体の対応もあわただしくなってきた。

 コロナ対策の省庁間タスクフォース(IATF)は、首都圏など一般防疫地域(GCQ)を対象に4月4日までの半月間、防疫措置を強化することを決めた。PCR検査で陽性になり、隔離されているロケ大統領報道官が19日、国営のPTVテレビを通じて発表し、首都圏の住民や業者らの協力を求めた。

 ▽再開またず営業停止

 まず一時的に営業を停止されるのが、自動車教習所をはじめ、映画館、ゲームセンター、闘鶏などの娯楽産業、図書館、博物館、文化センターなどの文化施設、遊泳場などの観光施設。

 飲食店の店内飲食や、エステやマッサージなどのパーソナルケア・サービスは定員の50%までに限定される。

 集会は定員の30%に制限。ビジネスの会議や展示会などの商業イベントは必要不可欠なものに限られ、開催できる場合も定員の30%以下になる。

 中には2月に営業再開が認められたばかりの業種もある。首都圏の映画館にいたっては、2月15日からの再開をIATFが決定。映画館を持つモール運営会社が新聞広告などで3月からの再開をPRしながら、自治体の同意が得られず、結局再開できないままの状況に陥っていた。

 ▽連携の悪さ露呈

 外国人入国禁止の措置でも、日々のコロナ対策を担う国家タスクフォース(NTF)が20日からの実施を決めながら、直前になって、参謀本部に当たるIATFの決定を出入国管理庁が承認するという形で22日からの実施に変更されるなど、政府機関の連携の悪さも露呈している。

 ▽朝令暮改型?

 今回の突然の防疫強化措置について、短期間の厳格な「サーキットブレーカー」(取引停止措置)的アプローチの一環とロケ報道官は説明した。

 感染者数の動向など一定の状況になれば、自動的に規制が強化されるという意味かもしれないが、朝令暮改型になってしまう可能性はないのだろうか。

 20日付英字紙ブレティンによると、ビリャヌエバ上院議員は、昨年の失業率が10・3%を記録したことを指摘し、「サーキットブレーカーが経済に破滅的な影響を与える」と警告している。

 また、20日付インクワイアラーによると、独立した研究者からなるOCTAリサーチのランジット・リェ氏は、レストランでの店内飲食を禁じ、民間と公的機関の全てに自宅からの仕事を課すといった「ハードGCQ」を提唱している。

 「首都圏はGCQにある中で、防疫措置への感覚が緩み、規則をねじ曲げようとする傾向が見られている」

 首都圏などの住民を厳しく批判した上で「防疫規則をハードGCQによって徹底させる必要がある」と述べている。

 OCTAリサーチの判断は、このところ政府の決定に影響力を増しているように見える。

 混乱が続く中、規制だけが厳しくなり、ドゥテルテ大統領が約束する「経済の再開」の時期は遠のきそうな状況だ。(谷啓之、岡田薫)

社会

中国艇、記者船を追跡 パラワン沖160キロの比EEZ

[ 518字|2021.4.11 ] 無料記事

【南シナ海の比EEZ内で中国艇2隻が、比の記者が乗った船を追跡】 南シナ海にあるフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内で8日、中国の艦船が比大手メディアABS─CBNの取材班を乗せた船の進路を妨害、追跡するという事態が起きた。英字紙スター電子版などが報じた。  ABS─CBNのサンブラノ記者によると、取材班がパラワン島から南沙諸島(スプラトリー諸島)のアユギン礁(英名セカンド・トーマス礁)に向かう途中、中国海警局の艦船が一直線に接近、無線で「何をしている」と聞いてきた。比人船長はパラワン島に引き返すことを決断し、船がパラワン島方面に向かったにもかかわらず、中国海警局の船はその後1時間におよび追跡。海警局船が追跡を止めた後は、別の中国小型艇2隻が現れて再び取材船を追跡した。「小型艇は紅稗型ミサイル艇で、各艇が2発のミサイルを搭載していた」と同記者は報告した。  この事態が起きたのはパラワン島から90カイリ(約165キロ)の排他的経済水域内。比国軍のティンドッグ報道官は9日、サンブラノ記者らの協力を受けて調査を始めると発表した。  2019年9月にもアユギン礁へ向かう輸送船を中国が妨害していることをパネロ大統領報道官(当時)が指摘、中国に対する不快感を示したことがある。(竹下友章)