まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
32度-24度
両替レート
1万円=P4,760
$100=P5,370
Booking.com

最新のトップ記事

国連主導の麻薬対策は「失敗」 国際薬物政策団体

国際団体IDPCが国連の薬物対策の失敗を指摘、比の超法規的殺人にも懸念示す

 国際薬物政策コンソーシアム(IDPC)は23日、過去10年間の世界各国における危険薬物取り締まり政策に関する報告書を発表し、「麻薬生産量や麻薬関連死は世界的に増え続けている」として国連が主導する国際社会の麻薬対策が「失敗している」と指摘した。

10月24日のニュース

無料記事 英字

Solgen to appeal trial court's ruling junking petition to issue arrest warrant vs Trillanes, Palace says

The Office of the Solicit...

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

2018年インターナショナル・バザー

【時】11月25日(日)午前9時〜午後7時【所】PICC FORUM 1,2 & 3(首都圏パサイ市)CCP Complex, Roxas Blvd., Pasay City【費】150ペソ(当日窓口で購入可能) 比外務省後援のインターナショナル・バザー財団(IBF)主催のもと、在比各国大使館が協力し毎年行われている「インターナショナルバザー」。売上はIBFに寄付され、国内の恵まれない子供たちなどへの支援とされる。日本ブースでは、古伊万里伝統絵柄の茶器やお皿、和柄の小物や法被、日本のビール、和菓子などの販売。今年はKOMORO JAPANESE DINING、ROYCE’、Teppen、 ViTOなども協力しそれぞれの商品を販売する予定。
 ※日本ブースの一部は、午前9時から商品がなくなり次第終了。

Qシネマ国際映画祭

【時】開催中 〜30日(火)【費】150ペソ【スケジュール詳細】https://qcinema.ph/schedule【所:ケソン市】ゲートウェイモール(クバオ)、ロビンソン・ガレリアオルティガス(オルティガスセンター)、トライノーマ(ノースアヴェニュー)、UPタウンセンター(デリマン) 今年のQ映画祭では、海外の映画祭で賞を受賞したアジア、欧州の映画や、デジタル復元映画「オール・ザット・ジャズ 」「フットルース 」「サタデー・ナイト・フィーバー」、フランス古典映画「素直な悪女」「悪魔のような女」 など40作品以上が上映される。英語字幕。以下日本関係の映画を紹介。

「愛しのアイリーン」(Come On Irene)
(2018年、日本、吉田恵輔監督、137分)
25日(木)午後9時、ゲートウェイモール 7(監督トーク)
27日(土)午後8時半、ガレリアオルティガス 8
29日(月)午後4時、ゲートウェイモール7

「万引き家族」(Shoplifters)
カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品
(2018年、日本、是枝裕和監督、120分)
26日(金)午後9時、トライノーマ 4
29日(月)午後9時、UPタウンセンター3

「バーニング」(BURNING)村上春樹原作「納屋を焼く」
(2018年、韓国、イ・チャンドン監督、148分)
25日(木)午後9時、トライノーマ 4
26日(金)午後8時半、ガレリアオルティガス 8
30日(火)午後9時、UPタウンセンター 3

「PIERCING」村上龍原作「ピアッシング」
(2018年、米国、Nicolas Pesce監督、81分)
30日(火)午後6時半、UPタウンセンター 3
30日(火)午後8時半、ゲートウェイモール6
30日(火)午後8時半、ガレリアオルティガス8