まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-24度
両替レート
1万円=P4,440
$100=P5,040

最新のトップ記事

慰安婦像設置

フィリピン国家歴史委員会はマニラ湾遊歩道に比初となる慰安婦像を設置

マニラ湾沿いの遊歩道に立てられた慰安婦像=10日正午ごろ、首都圏マニラ市のマニラ湾で冨田すみれ子撮影

 フィリピン国家歴史委員会(NHCP)が首都圏マニラ市ロハス大通り沿いの湾岸遊歩道上に「フィリピン人慰安婦像」を設置したことが10日までに分かった。比に慰安婦像が造られたのは初めて。米サンフランシスコに設置された慰安婦像をめぐっては、大阪市が姉妹都市を解消するに至っている。日比間で新たな論議の的になる可能性もある。

12月11日のニュース

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

ビール醸造ワークショップ

【時】11月16日(木)午前10時〜午後3時【所】ザ・ブリュワリー・アット・ザ・パレスThe Brewery at the Palace, 10th Avenue corner 38th Street Bonifacio Global City, Taguig City(首都圏タギッグ市)【費】1500ペソ ※ビール、軽食含む。【申込・問】電話09178798655(Jun Flores)、Eメール craftbeerphilippines@gmail.com  【フェイスブック】www.facebook.com/craftbeerphilippines/ フィリピンクラフトビール協会などが主催するビール造りのワークショップ。ビールの醸造過程と酵母の働きについて、専門家が解説。普段飲んでいるビールについて、より深く知ることができる。定員があるので、事前に問い合わせること。

第51回インターナショナルバザー

【時】11月26日(日)午前9時〜午後7時【所】PICC (Philippine International Convention Center), Forums 1,2 & 3, CCP Complex, Roxas Blvd., Pasay City(首都圏パサイ市)【費】入場料1人150ペソ。フィリピン外務省主催の年に1度のバザー。日本大使館を含む在比大使館、総領事館、比企業が各国の特産品などを販売する。日本大使館は古伊万里伝統絵柄などの和食器、浴衣セット、様々な和小物、着物のリメイク商品、日本のお茶やビールなど約500点の商品を取り揃える。なお、日本大使館ブースは商品がなくなり次第終了。バザーの収益金は比国内の貧困層の支援に使われる。

第7回チャリティーライブ マニラエクスプレスwith ダンスダンスダンス

【時】11月11日(土)午後4時〜午後6時【所】ACCI (Architecture Center),6082 Palma Street, cor. Rockwell Drive, Makati City(首都圏マカティ市)【費】入場料1000ペソ ※食事。ワイン含む。【問】0917-622-0898(宮地) 日本人バンド、マニラエクスプレスによるチャリティライブ。フラダンスやヒップホップ、ボリウッドなどダンスチームも子供達の家の運営資金として寄付される。