まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
32度-23度
両替レート
1万円=P4,550
$100=P5,070

お知らせ

  • 3月8日(日)、22日(日)は休刊日です。

最新のトップ記事

クルーズ船の比人が帰国 新型肺炎 感染者は80人に

新型コロナ集団感染のクルーズ船に乗船していた比人約450人が特別機で帰国

羽田空港で特別機に搭乗するフィリピン人の乗員ら=フィリピン外務省提供

 新型コロナウイルスへの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していたフィリピン人の乗員乗客約450人が26日未明までに、羽田空港からの特別機2機で帰国した。クラーク空港に到着した乗員乗客は、特別機の乗員とともにタルラック州カパス町のニュークラークシティーに送られ、14日間の隔離状態に置かれる。

2月26日のニュース

無料記事 英字

On 34th Edsa People Power Revolution: Duterte hopes next generations to have courage to protect liberties

President Rodrigo Duterte...

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

日本映画週間 2020

<マニラ市>
【時】2月26日(水)〜29日(土)【費】無料 (座席限定)【所】CINEMATHEQUE CENTER Manila - 855 Kalaw Ave, Ermita, Manila City (首都圏マニラ市)【フェイスブック】facebook.com/events/769315600224373【FDCP】fdcp.ph/media/fdcp-partners-japan-foundation-japan-film-week-2020
<イロイロ市>
【時】3月2日(月)〜6日(金)【費】無料 (座席限定)【所】CINEMATHEQUE CENTER Iloilo - Ground Floor B&C Building, corner Solis and Iznart streets, Iloilo City (ビザヤ地方イロイロ市)
 「日本映画週間」は映画開発協議会(FDCP)と国際交流基金が協力し2018年から開催している。上映日時、映詳細はFDCP、またはフェイスブックを参照。上映映画は、「天気の子(Weathering With You)」、「一陽来復(Life Goes On)」 、「さよならの朝に約束の花をかざろう(Maquia)」、「セカイイチオイシイ水(The Tears of Malumpati)」、「パパのお弁当は世界一(Dad's Lunchbox )」、「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(Fireworks)」、「若おかみは小学生!(Okko's Inn)」の計7本。

アート・フェア2020

【時】開催中〜23日(日)午前10時〜午後9時【所】The Link -Makati Avenue, Ayala Center, Makati City (首都圏マカティ市)【費】一般350ペソ、学生割引あり【公式ウェブサイト】https://artfairphilippines.com/【フェイスブック】facebook.com/events/488622281997633 今年で7年目のフィリピン近代・現代美術展「アートフェア」。日本をはじめアジア諸国からも参加。チケットは公式ウェブサイトまたは当日会場で。期間中、協賛企業がチケット購入者にたいしてドリンク半額などのサービスを提供している。詳細はウェブサイトを参照。