まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
1万円=P4,400
$100=P4,84

3月26日のまにら新聞から

50人以上が感染 重症者も リヤドのOFWでクラスター

[ 1381字|2021.3.26|社会 ]
新型コロナ検査で陽性となり、リヤドにあるサウジアラビア保健省の隔離施設に収容された海外比人就労者(OFW)=22日

 海外フィリピン人就労者(OFW)を清掃員としてサウジアラビアの家庭に派遣するリヤドの人材会社「モウェン・ヒューマン・リソーシズ」で、比人50人以上が新型コロナウイルスに感染、大規模なクラスターが発生している。重症患者がいるにもかかわらず、医師や看護師によるケアも無く、感染者らは不安な日々を過ごしている。

 モウェン社と2019年7月から2年間の契約を結んでいるマリアさん(仮名、30代女性)によると、同社所有のアパートに住み、1日8時間、8つの家庭を回って清掃に当たってきた。

 アパートは4棟(b2〜b5)あり、清掃員は計400人以上。大多数が比人で、インド人、インドネシア人も少数いる。このうちの1棟(b2)には、会社や派遣先の家庭と問題があり、雇用を取り消された元清掃員らが滞在しているという。

 ▽帰国困難者が多数

 自身もコロナ感染したマリアさんは「体調不良を訴え、会社に新型コロナの検査を求める同僚もいたが、会社側は検査を行わず、休みも与えなかった。会社の対応に苦情を言って契約を打ち切られた人もいる」と話す。

 清掃員は月々300リヤル(3888ペソ)の生活手当を含め、1800リヤル(2万3325ペソ)を受け取る。2年間の契約満了時には3600リヤルのボーナスをもらって帰国できる。「そのため誰もが一生懸命働く。契約を打ち切られた人は、帰国したくても旅費も工面できない」とマリアさんは語った。会社は比政府によるOFW帰国事業を待っているという。

 ▽医療ケアもなく

 同僚がサウジ保健省に報告したことで、モウェン社は19日午前に全従業員のPCR検査を実施。翌20日にはb4棟で26人、24日までにb5棟でも27人の感染が判明している。

 マリアさんの症状は発熱、味覚障害、頭痛に加え、呼吸しようとしてもゼーゼーと音がして苦しい。「友人はもっとひどい。せきが止まらず、食欲も失せ、ただ横たわったままだ」という。

 当初の3日間は検査で陽性と判定された人がb3棟の1、2階に隔離されたが、22日夜から保健省が用意したホテルに移された。

 ベットもないリビングのような1室に5、6人が収容され、床に布団を敷いて眠る。一歩も外には出られない中、各自買いためていた食料で自炊している。医師や看護師の訪問もなく、モウェン社が24日にようやく各部屋に1箱ずつ、少量のビタミン剤と痛み止めを届けただけだという。

 ▽せかされる復帰

 19日の検査結果が陰性だった同僚は、濃厚接触者にもかかわらず、会社の指示で仕事を続けている。24日には再度の検査もなく、仕事への復帰を命じられた陽性者の同僚もいる。「同僚の多くは派遣先の家庭で感染したと考えており、不安を抱えている」とマリアさん。サウジアラビアでは比同様、検査費用は会社が負担する。「検査の遅れは会社が、私たちの健康よりも利益を優先したからだ。もしここで死んだら、遺体として帰国することさえかなわない」と涙ぐんだ。

 25日現在、OFWの新型コロナ感染者累計は1万6040人、死者は1047人。中東アフリカ地域の感染者が8884人と過半数を占める。ワールドメーターによると、3月25日時点のサウジアラビア国内の累計感染者数は38万6300人、死者は6624人。(岡田薫)

社会

中国艇、記者船を追跡 パラワン沖160キロの比EEZ

[ 518字|2021.4.11 ] 無料記事

【南シナ海の比EEZ内で中国艇2隻が、比の記者が乗った船を追跡】 南シナ海にあるフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内で8日、中国の艦船が比大手メディアABS─CBNの取材班を乗せた船の進路を妨害、追跡するという事態が起きた。英字紙スター電子版などが報じた。  ABS─CBNのサンブラノ記者によると、取材班がパラワン島から南沙諸島(スプラトリー諸島)のアユギン礁(英名セカンド・トーマス礁)に向かう途中、中国海警局の艦船が一直線に接近、無線で「何をしている」と聞いてきた。比人船長はパラワン島に引き返すことを決断し、船がパラワン島方面に向かったにもかかわらず、中国海警局の船はその後1時間におよび追跡。海警局船が追跡を止めた後は、別の中国小型艇2隻が現れて再び取材船を追跡した。「小型艇は紅稗型ミサイル艇で、各艇が2発のミサイルを搭載していた」と同記者は報告した。  この事態が起きたのはパラワン島から90カイリ(約165キロ)の排他的経済水域内。比国軍のティンドッグ報道官は9日、サンブラノ記者らの協力を受けて調査を始めると発表した。  2019年9月にもアユギン礁へ向かう輸送船を中国が妨害していることをパネロ大統領報道官(当時)が指摘、中国に対する不快感を示したことがある。(竹下友章)