まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
1万円=P4,400
$100=P4,84

3月25日のまにら新聞から

3人に1人が後遺症 米グループなど研究 退院後のコロナ患者

[ 1230字|2021.3.25|社会 ]

 新型コロナウイルス感染で入院した患者のうち3人に1人が退院後も長期的な健康問題を抱えていることが米国の医師らの研究で分かり、後遺症への懸念が強まっている。研究論文が国際的な生物医学専門誌「ネーチャーメディシン」(22日発行)に掲載された。

 発表者は米国ボストンにあるがん研究所の腫瘍内科医でハーバード大学医学大学院講師のカーティック・セーガル氏らのグループ。

 電子版の同論文によると、新型コロナ感染症発症後4週間以降の急性期後の症状に注目、欧米や中国で行われた9つの長期研究を精査した。

 患者の急性期後の症状としては、疲労、息切れ、不安、抑うつ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などが最も多く、調査対象患者の30%が少なくとも1つの症状を報告していた。

 退院後数カ月たってから複数の臓器の異常を報告した患者もいた。

 米国ミシガン州の38病院で新型コロナで入院、60日後に退院した患者1250人を追跡した結果では、6・7%の患者が死亡していたことが判明、15・1%の患者が再入院を余儀なくされていた。

 電話調査に協力した488人のうち、32・6%の患者が持続的な症状を訴え、うち18・9%が症状が悪化したり、新たな症状が出たりしていた。階段を上るときの呼吸困難(22・9%)が最多で、次いでせき(15・4%)、持続的な味覚・嗅覚の喪失(13・1%)の順。

 中国の武漢での研究では、発症から6カ月後の患者1733人を対象に対面式で包括的に評価。患者の76%が少なくとも1つの後遺症を訴えた。疲労・筋力低下が63%と最も多く、次いで睡眠障害(26%)、不安・抑うつ(23%)の順だった。

 欧州でも同様の結果が報告されている。イタリアでの研究では、退院した患者143人のうち、最初の症状が出てから平均60日後の追跡調査で87・4%は症状が継続。疲労(53・1%)、呼吸困難(43・4%)、関節痛(27・3%)、胸痛(21・7%)が多く、55%の患者は3つ以上の症状が続いていた。

 

 ▽まだ氷山の一角か

 英国、フランス、スペインなどでの退院後の患者の調査でも同様の結果が見られた。患者に脱毛が起きたとの調査結果も複数あったという。

 今回の新型コロナウイルスは正式には「重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2」(SARS―CoV―2)と呼ばれているが、今回のウイルスに感染した患者の生存者だけでなく、2003年に発生したSARSや12年発生の中東呼吸器症候群(MERS)などでも、患者から倦怠(けんたい)感、びまん性筋肉痛、抑うつ症状、睡眠異常など同様の慢性的・長期的な症状が報告されているという。

 研究論文の筆頭執筆者であるセーガル氏は、AFP通信に、新型コロナ感染症について「健康状態に及ぼす長期的な影響はまだ明らかになっていない。我々は氷山の一角を捉えているに過ぎないのかもしれない」と話している。(谷啓之)

社会

中国艇、記者船を追跡 パラワン沖160キロの比EEZ

[ 518字|2021.4.11 ] 無料記事

【南シナ海の比EEZ内で中国艇2隻が、比の記者が乗った船を追跡】 南シナ海にあるフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内で8日、中国の艦船が比大手メディアABS─CBNの取材班を乗せた船の進路を妨害、追跡するという事態が起きた。英字紙スター電子版などが報じた。  ABS─CBNのサンブラノ記者によると、取材班がパラワン島から南沙諸島(スプラトリー諸島)のアユギン礁(英名セカンド・トーマス礁)に向かう途中、中国海警局の艦船が一直線に接近、無線で「何をしている」と聞いてきた。比人船長はパラワン島に引き返すことを決断し、船がパラワン島方面に向かったにもかかわらず、中国海警局の船はその後1時間におよび追跡。海警局船が追跡を止めた後は、別の中国小型艇2隻が現れて再び取材船を追跡した。「小型艇は紅稗型ミサイル艇で、各艇が2発のミサイルを搭載していた」と同記者は報告した。  この事態が起きたのはパラワン島から90カイリ(約165キロ)の排他的経済水域内。比国軍のティンドッグ報道官は9日、サンブラノ記者らの協力を受けて調査を始めると発表した。  2019年9月にもアユギン礁へ向かう輸送船を中国が妨害していることをパネロ大統領報道官(当時)が指摘、中国に対する不快感を示したことがある。(竹下友章)