まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
1万円=P4,400
$100=P4,84

3月3日のまにら新聞から

首都圏 4月にMGCQも 接種開始で楽観論広がる

[ 680字|2021.3.3|社会 ]

 新型コロナウイルス防疫対策で一般防疫地域(GCQ)に長く据え置かれている首都圏について、ドミンゲス財務相は1日、4月には一番規制の緩い修正一般防疫地域(MGCQ)に移行されるとの見通しを明らかにした。

 2日の英字紙マラヤ電子版によると、ドミンゲス財務相は1日、4月に首都圏のMGCQ移行が可能になるかとの質問を受けて「私はそう信じている」と答えた。

 ドミンゲス氏はまた、新型コロナワクチンについて国と地方自治体は「すべての成人が一刻も早く接種されることを保証するために民間企業と協力している」と述べた。国の予防接種プログラムの資金調達を担当している同氏は先週、「強力な民間部門が経済の復興戦略の鍵」として、接種プログラムでは労働者が優先されるとも述べていた。

 2日の英字紙ビジネスワールド電子版によると、ロペス貿易産業相も1日、ワクチン接種が始まったことを受けて「フィリピン経済は2023年よりも早く回復する可能性がある」と語った。

 ドゥテルテ大統領が2月28日に、フィリピン経済が通常に戻る時期について「2023年」と述べたことに対する発言で、ロペス氏は記者団へのメッセージで「それより前に経済が回復する可能性はある。我々は他の経済改革やプログラムを通じて最善を尽くす」と伝えた。

 大統領は中国シノバック社製ワクチンが到着した際、「国が回復するための唯一の方法は、経済を再開し、企業が事業を再開できるようにすることだ」と指摘。その「再開の条件」について「少なくとも2千万〜4千万人分のワクチンを用意できることだ」と述べていた。(谷啓之)

社会

中国艇、記者船を追跡 パラワン沖160キロの比EEZ

[ 518字|2021.4.11 ] 無料記事

【南シナ海の比EEZ内で中国艇2隻が、比の記者が乗った船を追跡】 南シナ海にあるフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内で8日、中国の艦船が比大手メディアABS─CBNの取材班を乗せた船の進路を妨害、追跡するという事態が起きた。英字紙スター電子版などが報じた。  ABS─CBNのサンブラノ記者によると、取材班がパラワン島から南沙諸島(スプラトリー諸島)のアユギン礁(英名セカンド・トーマス礁)に向かう途中、中国海警局の艦船が一直線に接近、無線で「何をしている」と聞いてきた。比人船長はパラワン島に引き返すことを決断し、船がパラワン島方面に向かったにもかかわらず、中国海警局の船はその後1時間におよび追跡。海警局船が追跡を止めた後は、別の中国小型艇2隻が現れて再び取材船を追跡した。「小型艇は紅稗型ミサイル艇で、各艇が2発のミサイルを搭載していた」と同記者は報告した。  この事態が起きたのはパラワン島から90カイリ(約165キロ)の排他的経済水域内。比国軍のティンドッグ報道官は9日、サンブラノ記者らの協力を受けて調査を始めると発表した。  2019年9月にもアユギン礁へ向かう輸送船を中国が妨害していることをパネロ大統領報道官(当時)が指摘、中国に対する不快感を示したことがある。(竹下友章)