まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-23度
両替レート
1万円=P4,460
$100=P4,840

2月17日のまにら新聞から

3指標 なお基準上回る 感染減少まで「もう少し辛抱を」

[ 877字|2021.2.17|社会 ]

 新型コロナウイルスの感染状況を分析しているフィリピン大を中心とした専門家の研究チーム「OCTAリサーチ」広報担当のランジット・ライ研究員は16日、まにら新聞のインタビューに答え、1人の感染者が他の人にうつす実効再生産数や検査の陽性率が感染減少傾向とみなせる基準よりまだわずかに高いと指摘した。ライ研究員は首都圏の防疫区分の緩和について「あと一歩ながら、時期尚早」とした。

 ライ研究員によると、比全国の16日時点の実効再生産数は1・1、首都圏は1・05。昨年12月13日時点の全国1・03、首都圏1・15と比べると全国では上がり、首都圏は下がっている。しかし、実効再生産数が1を上回っている限り「感染拡大は続いているとみなさざるを得ない」とした。

 地域的にはセブ市の状況が最悪で、実効再生産数は「2に近づいており、観光客の受け入れ再開を考えるような状況ではない」と断言した。

 16日の新型コロナの死者数は7人で3日連続で1桁台にとどまり、新規感染者も1391人と3桁に近づきつつある。しかし、ライ研究員は「保健省が毎日発表する死者数や新規感染者数は、地方の集計が届かない日があったり、休日は検査数が少ないため新規感染者数も少なくなるなど実態を反映していない時もある」とし、この数字を見て「一喜一憂すべきではない」とした。

 OCTAが最も重視しているのは(1)実効再生産数(2)検査での陽性率(3)新型コロナ病床使用率の3指標だとし「実効再生産数が1未満となり、陽性率が5%、病床使用率が50%を割った時に、初めて感染が減少傾向に至ったといえる」と述べた。

 保健省によると、16日時点の比の検査数に対する陽性率は5・3%、病床使用率は77%。陽性率は5%未満まであと一歩だが、病床使用率(相部屋)はOCTAの基準よりまだかなり上回っている。

 ライ研究員は「防疫規制によって多くの人が職を失い、苦境にあることは十分理解しているが、防疫緩和後に感染が急拡大するというのが最悪のシナリオ。もう少しだけ辛抱が必要だ」と述べた。(石山永一郎)

社会

3日連続で3千人超 首都圏「震源」で第3波の恐れ

[ 1069字|2021.3.8 ] 無料記事

【保健省によると、新型コロナ新規感染者は5日から3日連続で3千人超え】 保健省によると、7日の新型コロナウイルスの新規感染者は3276人となり、累積感染者数は59万4412人、死者は51人増の1万2516人となった。新規感染者は5日から3日連続で3千人を超えた。 1月の比の新規感染者数は千人を割り込む日も あり、2月は1千〜2千人の日が多く、首都圏の防疫措置緩和の声も高まっていた。しかし、昨年10月以来の新規感染3千人突破に、楽観論は吹き飛びつつあり、感染拡大が始まった昨年3月〜5月の第1波、感染が急拡大した7〜9月の第2波に続く第3波に襲われる懸念も出ている。  ドゥケ保健相は6日、記者団に「これから2週間が(感染急拡大を)阻止できるかどうかの山場となる」と重大な局面に至っていることを認めた。  感染再拡大の「震源」となっているのは累積感染者数の3分の1以上を占めている首都圏。フィリピン大などの独立研究グループ「OCTAリサーチ」の5日の発表によると、2月26日から3月4日までの1週間で、首都圏の1日の新規感染者数は約900人となっており、2月19〜25日と比べると50%増加、2月12〜18日との比較では119%増加している。  その要因としてOCTAが指摘するのは感染力がより強いとされる変異種だ。保健省によると、比では5日までに英国型変異種感染者31人、南アフリカ型変異種感染者が52人確認されている。南ア変異種は現在も4分の1以上のバランガイ(最小行政区)が封鎖されている首都圏パサイ市で3月2日に最初に確認された。  ドゥケ保健相は感染再拡大と変異種との「直接的な関係は確認されていない」としているが、OCTAのランジット・ライ研究員は「変異種がゲーム・チェンジャー(前提変更要因)になりつつある」と話しており、パサイ市など首都圏の感染拡大は変異種がもたらしている可能性も高い。  変異種は帰国したフィリピン人海外就労者(OFW)の周辺で見つかるケースが多く、帰国者に対する検疫体制に「水漏れ」があったともみられる。  OCTAによると、感染者1人が他の人にうつす平均数を示す首都圏の実効再生産数は3月1日の1・5よりはやや下がったがなお5日時点で1・47と極めて高い水準にある。  比の累積感染者数は世界30位。感染者数、死者数はいずれも東南アジア、北東アジア地域内ではインドネシアに次いで2番目に多い。  ただ、比における人口100万人当たりの新型コロナ累積感染者数は世界129位の5376人、同死者も118位の113人にとどまっている。(石山永一郎)