まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-25度
両替レート
1万円=P4,720
$100=P5,190

3月4日のまにら新聞から

18年外国投資約束が7割増 中国22倍で急拡大に

2018年度外国人投資約束が1790億ペソと前年比70%増。特に中国企業が22倍

[ 594字|2019.3.4|経済 ]

 比統計庁によると、2018年中に比経済区庁(PEZA)や投資委員会(BOI)など国内投資促進7機関に登録された外国人投資家による投資約束総額が1790億ペソで、17年度実績に比べ69・2%増加と急拡大している。特に中国人投資家による約束額が507億ペソと前年比22倍まで急拡大しており、外国人投資全体の28%を占めるなど存在感を一気に増している。

 1日付英字各紙によると、特に、昨年10〜12月期の外国人投資約束額が912億ペソと前年同期の216億ペソに比べ5倍以上と顕著に増えたために、18年通年の約束額水準を引き上げることになった。

 その中でも中国企業などの投資約束が480億ペソと全体の52・6%と半分以上を占めている。同期に中国の次に多かったのはシンガポールの企業などで投資額153億ペソで全体の16・7%、3位は日本の48億ペソで全体の5・2%を占めた。

 昨年10〜12月期における外国人投資約束の投資先を産業別に見ると、全体の64・5%に当たる588億ペソが製造業分野に充てられている。次いで多かったのは電力・ガスなどの業界で133億ペソと全体の14・6%を占めた。

 地域別ではミンダナオ地方北部における事業が475億ペソで同期の52・1%を占めた。

 次いで多かったのはルソン地方カラバルゾン地域で203億ペソと全体の22・3%を占めている。(澤田公伸)

経済