まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,615
$100=P4,935

お知らせ

  • 7月19日(日)、8月9日(日)は休刊日です。

最新のトップ記事

首都圏 MGCQへ緩和も 「可能」とIATF

16日以降、首都圏が一般防疫地域から修正一般防疫地域に緩和される可能性

パシッグ市オルティガスの複合医療施設メディカル・シティーで行われているドライブスルー形式の新型コロナウイルス検査(EPA=時事)

 新型コロナウイルス対策省庁間タスクフォース(IATF)を率いるノグラレス内閣相は、16日以降に見直される予定の全国の防疫区分について、現在、一般防疫地域(GCQ)となっている首都圏が修正一般防疫地域(MGCQ)に緩和される可能性について「選択としてある」と語った。13日付英字各紙が報じた。フィリピン全国や首都圏の感染者数は、7月に入って新規感染者が全国で2千人を超える日が続くなど、感染抑制の傾向はみられていないが、経済活動の再開を優先する姿勢にIATFも舵を切りつつあるようだ。

7月14日のニュース

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

「楽器ふれあい動物園」(オンラインイベント) フィリピンフィルハーモニー管弦楽団

【日時】6月28日(日)午後4時(毎週日曜日)【配信】PPOのフェイスブックページ【主催】フィリピンフィルハーモニー管弦楽団(PPO)【フェイスブック】@philippinephilharmonic 子どもと家族のための楽器鑑賞シリーズ「楽器ふれあい動物園」は、オーケストラのメンバーがそれぞれの楽器の特徴、演奏の技術ポイントなどを伝える。毎回異なる奏者が出演し、クラッシックも演奏される。「楽器ふれあい動物園」は数カ月継続する予定。詳細はフェイスブックで。

アヤラ博物館「ファインアート塗り絵ブック」

フアン・ルナ(Juan Luna)、フェルナンド・ゾベル(Fernando Zobel)、ホセ・オノラト(Jose Honorato)らフィリピンを代表する画家の作品から。塗り絵ブックのリンクから素材をプリントアウトして、塗り絵を楽しむことができる。【塗り絵ブック】https://bit.ly/FAcoloringbook【公式フェイスブック】@ayalamuseum