まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
30度-25度
両替レート
1万円=P4,610
$100=P4,800

2月21日のまにら新聞から

ハロハロ

[ 514字|2017.2.21|社会|ハロハロ ]

 ネーデルランドの画家レンブラントやヒエロニムス・ボスらの作品に「放蕩息子」を題材にしたものがある。なぜこんなテーマ? 不思議に思っていたら新約聖書で、イエスが家出した放蕩息子を温かく迎える父親の愛を説いており、宗教画なのだと分かって納得した。画集でしか見たことがないが、ボス作などいかにも尾羽打ち枯らした風情だ。

 昨年12月初めごろから、庭に現れて餌をねだっていた子猫が家に住み着いた。キジの雄で生後7、8カ月と見立てたが、年が変わったら夜遊びに出るようになった。1晩か2晩留守にすると、腹をすかせて戻ってくる。どうやら「恋の季節」のよう。2月第1週の日曜日、3日ぶりに朝帰り。わが家の放蕩息子だ。戻ると足元にすり寄って餌をねだる。

 この日の中央競馬のメインは東京新聞杯。出馬表にプロディガルサン(放蕩息子)の名があった。この馬、調べたら誕生日が2月22日。2の数字が並びニャンニャンニャンで「猫の日」だ。放蕩猫が戻った日に猫の日生まれの放蕩息子出走。なんという偶意の重なり。迷わず単複で勝負した。だが話はそううまく運ばないものだ。プロディガルサンは残念、2着! でも複勝が当たったからよしとするか。(紀)

社会

鳥インフル、比は終息 国際獣疫事務局が宣言 鶏肉の輸送制限を解除

[ 775字|2021.1.23| ] 無料記事

【鳥インフル比国内で終息を国際獣疫事務局が宣言。国産家禽・肉製品の輸送も解禁】 人にも感染する高病原性鳥インフルエンザ(H5N6型)がフィリピン国内で終息した。今月8日時点で国内でウイルスがニワトリなどの鳥から一切検出されなかったとする農務省の報告に基づいて、国際獣疫事務局(OIE)が比での終息を宣言し、同省が19日に発表した。これを受けて、同省畜産局は生きた家禽と鶏肉製品の国内輸送制限を解除した。  21日付英字紙ビジネスミラーなどによると、鳥インフルエンザの発生に伴う暫定措置として、検査で陰性の証明がないニワトリなどの家禽とその肉製品はルソン島からビサヤ、ミンダナオへの輸送が禁じられてきた。同局のドミンゴ局長は19日、この制限を解除する通達を出し、家禽と肉製品の移動を認めたほか、飼育しているハトの繁殖、訓練、飛行、レースなどの再開も認めた。  高病原性鳥インフルエンザは、渡り鳥を通じて伝搬するとされ、比では2017年8月にルソン島パンパンガ州サンルイス町の養鶏場で発生。同年には中部ルソン地域で約20万匹の家禽が殺処分された。翌年には収まったが、20年3月には同ヌエバエシハ州ハエン町でウズラへの感染が、また7〜8月にはパンパンガ州サンルイス町、リサール州タイタイ町の養鶏場で確認され、鶏の殺処分や養鶏場の洗浄、消毒、監視などの作業が行われてきた。  ダール農相は終息宣言について「ニワトリなど家禽の肉が比人に非常に人気のある動物性タンパク源であることを考えると、歓迎すべき進展だ」と述べた。  畜産局は通達で、これまでの移動制限が感染拡大防止策として有効であったと強調。「被害農家の迅速な報告や、パンパンガ、リサール両州などの自治体の対応、協力に感謝している」とした上で「今後も警戒を怠らず、家禽に異常な死亡例が発生した場合は最寄りの獣医や農業事務所に報告するように」と注意を呼びかけている。(谷啓之)