まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
1万円=P4,400
$100=P4,84

4月1日のまにら新聞から

イベルメクチンに期待広がる 国内製造2社名乗り 下院「使用を」

[ 664字|2021.4.1|社会 ]
日本ではマルホ社が「ストロメクトール」の商品名で販売しているイベルメクチン=同社ホームページから

 日本が開発し、新型コロナの致死率などを下げるとの研究結果が出ている抗寄生虫薬イベルメクチンについて、アロヨ政権下で環境天然資源相を務めたマイク・ディフェンサー下院議員(アナクカルスガン党、政党リスト制選出)ら複数の議員は、3月30日の下院保健委員会で「医薬品として使用できるよう治験などを進めるべきだ」と食品医薬品局(FDA)に要請した。

 比国内での製造を名乗り出た製薬会社もあり、日本発の「新型コロナ治療・予防薬」への期待がフィリピンでも高まっている。

 イベルメクチンは比でも動物用の抗寄生虫薬として承認、流通しており、FDAのドミンゴ局長は3月29日、重症患者の要望などがあった場合「医師による人道的使用は認める」とし、医薬品として申請があれば、承認審査も行う考えを明らかにしていた。

 31日のCNNフィリピン電子版によると、これに対し、自身も新型コロナに感染し、療養中にイベルメクチンを服用したディフェンサー議員は「私の症状は改善したし、服用した他の患者にも明らかに効果があった」と証言。FDAに対し、承認申請を待つだけでなく、積極的にイベルメクチンの研究を進めるよう求めた。

 31日付英字紙スターによると、比の製薬会社ロイド・ラボラトリー(ケソン市)、パスクワル・ラボラトリー(同)の2社の代表は30日にFDAと会合を持ち、新型コロナ治療薬として比国内生産を行うため、申請を行う意思を伝えた。

 また、FDAもイベルメクチンの使用について、近くFDAを管轄する保健省と会議を行うという。(石山永一郎)

社会

中国艇、記者船を追跡 パラワン沖160キロの比EEZ

[ 518字|2021.4.11 ] 無料記事

【南シナ海の比EEZ内で中国艇2隻が、比の記者が乗った船を追跡】 南シナ海にあるフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内で8日、中国の艦船が比大手メディアABS─CBNの取材班を乗せた船の進路を妨害、追跡するという事態が起きた。英字紙スター電子版などが報じた。  ABS─CBNのサンブラノ記者によると、取材班がパラワン島から南沙諸島(スプラトリー諸島)のアユギン礁(英名セカンド・トーマス礁)に向かう途中、中国海警局の艦船が一直線に接近、無線で「何をしている」と聞いてきた。比人船長はパラワン島に引き返すことを決断し、船がパラワン島方面に向かったにもかかわらず、中国海警局の船はその後1時間におよび追跡。海警局船が追跡を止めた後は、別の中国小型艇2隻が現れて再び取材船を追跡した。「小型艇は紅稗型ミサイル艇で、各艇が2発のミサイルを搭載していた」と同記者は報告した。  この事態が起きたのはパラワン島から90カイリ(約165キロ)の排他的経済水域内。比国軍のティンドッグ報道官は9日、サンブラノ記者らの協力を受けて調査を始めると発表した。  2019年9月にもアユギン礁へ向かう輸送船を中国が妨害していることをパネロ大統領報道官(当時)が指摘、中国に対する不快感を示したことがある。(竹下友章)