まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
34度-23度
両替レート
1万円=P4,390
$100=P4,840

8月25日のまにら新聞から

平等な「やり直しの機会」を 元町長仮釈放問題

[ 659字|2019.8.25|社会|新聞論調 ]

 「サンチェス元町長は人生をやり直す機会を得て更生した」とデラロサ上院議員が発言した。どうやらこの発言は冗談ではないようだ。1993年にフィリピン大学ロスバニョス校の学生2人を誘拐して殺害した、このラグナ州カラウアン町の元町長を仮釈放の対象にする話が持ち上がっている。

 ドゥテルテ政権初期、デラロサ議員は「麻薬戦争」を国家警察長官として指揮した。この「戦争」で命を奪われた麻薬の使用者や売人、女性や未成年、子どもも含めた犠牲者の数が5千人か2万人かは読者に委ねたい。この「良き」議員はどうして彼らに「人生をやり直す機会」を与えなかったのだろうか。

 デラロサ議員は警察時代によく「贈り物」を受け取ったなどと話していたが、議員になったらまず言葉が全てだ。彼は今後、自らの言葉によって苦境に追い込まれていくことになるだろう。もっとも、米国のトランプ大統領を見ていると、そうならない可能性もある。

 原則は議員が言う通り、誤りを犯した誰もがやり直しの機会を与えられるべきで、たとえサンチェス町長であれ、認められてしかるべきものなのかもしれない。

 麻薬取引が誘拐やレイプより軽い罪だとは言わないが、麻薬関連で殺された数千人は、少なくともこの元町長が法廷で自らを弁護したのと同様の権利が与えられなかった。地方自治体首長らをはじめ、高位の者には用意されており、貧しい者には届かない「不正義」がまかり通っている気がするのは気のせいだろうか。「やり直しの機会」は平等であるべきだ。(23日・マラヤ、ホセ・バヤニ・バイロン)

社会

比でようやく110万回接種 ワクチン世界格差顕著に

[ 944字|2021.4.13 ] 無料記事

【比のワクチン接種が110万回超える。世界的な流通不均衡の影響も】 政府のワクチン担当責任者のガルベス大統領補佐官は11日、中国シノバック製とアストラゼネカ製を中心とする国内のワクチン接種事業で10日までに計113万7534回分の接種が完了したことを明らかにした。3月1日に接種事業を開始して6週間ほどでようやく100万回を超えたが、欧米諸国などでの接種状況に比べるとスピードは遅い。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は9日「ワクチンの世界的な流通には衝撃的な不均衡が残っている」と表明するなどワクチン流通をめぐる格差が比にも影を落としている。  テドロス事務局長は9日、記者会見で、世界中でこれまでに供給された7億回分のワクチンのうち、87%以上を富裕国が入手しているのに対し、低所得国はわずかに0・2%の確保にとどまっていることを明らかにした。富裕国では4人に1人がワクチンを接種しているのに対し、低所得国では500人に1人しか接種できていないという。  このようなワクチン流通の格差に比も悩まされており、政府は現在まで中国シノバック製ワクチンの確保に重点を置いてきた。ガルベス補佐官は11日、比政府が購入した中国のシノバック製ワクチン第2弾となる約50万回分をマニラ空港第2ターミナルで受け取った際に、シノバック製ワクチンが今月中に計150万回分到着する予定で、5月にも200万回分が到着予定だと明らかにした。さらに6月に450万回分、7月にも300万回分が到着する見込みで、中国製ワクチンが当面、政府主導のワクチン接種事業の主力になりそうだ。  一方、同補佐官によると、ロシアの国立ガマレア疫学・微生物研究所と国防省が共同開発したワクチン「スプートニクV」の第1弾50万回分も4月中に到着する予定だ。スプートニクワクチンについては比食品医薬品局が3月18日に緊急使用許可を出しているほか、比国内で製造するための交渉も続けられているという。  また、同補佐官は11日、企業や地方自治体が政府と共同で調達契約を結んだアストラゼネカ製と米モデルナ製のワクチン計1800万回分も5月に到着する予定だとも述べている。5月以降にこれら欧米製や中国製のワクチンが予定通り到着すれば比国内のワクチン接種事業もようやく拡大するとみられる。(澤田公伸)