まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-25度
両替レート
1万円=P4,570
$100=P4,935

9月26日のまにら新聞から

太陽熱でドラゴン栽培 アブラ州

[ 266字|2016.9.26|社会|LuzViMinda News ]

 アブラ州で太陽エネルギーを使ってドラゴンフルーツが栽培されている。科学技術省の支援を受けた農場で、太陽エネルギーを利用した人工光を当てることで、通常の栽培方法より収穫期間を長くすることに成功した。

 通常の自然光での栽培ではドラゴンフルーツは6月に実をつけはじめ、7月から10月にかけて収穫される。一方、太陽エネルギーを使った栽培では実をつけている期間が長く、9月下旬になっても季節外れの収穫最盛期を迎えている。

 ドラゴンフルーツはそのまま果実として出荷されるほか、石鹸、ワイン、果実酢にも利用される。(20日・ブレティン)

社会