まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
30度-25度
両替レート
1万円=P4,610
$100=P4,800

5月1日のまにら新聞から

ハロハロ

[ 879字|2017.5.1|社会|ハロハロ ]

 パサイ市のバランガイ(最小行政区)にあるフィリピン人の家庭に招かれた。一家でもてなしてくれ、ティヌランやキニラウのミンダナオ風郷土料理を堪能させてくれた。そのうち隣組の人も集まって大宴会になった。ご近所も皆、ミンダナオ出身。4月7日付の本紙「 摩訶ふぃりぴん」でも紹介されたように、この家にもカラオケセットがあり、路地にマイクを引っ張り出しての、即席のカラオケ大会。歌ありダンスありで、宴は明け方まで続いた。一様に陽気で、日本人に本当に親近感を持っているように思えた。この寛容さは一体、何なのだろうと思うときがある。     ▽

 本紙の論調欄でビリヤール元上院議長が、太平洋戦争中の「バタアン死の行進」の悲劇を繰り返さないためにも事件を語り継いでほしいと訴えている。戦争の記憶の風化はフィリピンに限ったことではない。寛容は美徳だと思うが、比の人々が寛容だからといって、比やアジア諸国を侵略した日本の戦争責任が免罪されている訳ではない。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議が開かれ、議長国として無事にホスト役をこなしたドゥテルテ大統領の外交手腕は評価が高い。大国を愚弄(ぐろう)するかのような言動も喝采を浴びる。大統領は時に不寛容と思える精神で、比の自主性を世界に発信しているようにみえる。寛容は大切だが、一方でときに不寛容になることも必要だ。日本に対しても、米国、中国に対してもだ。対等な関係はここから始まる。

 長い間、掲載してきたハロハロは今回をもって終了する。第1回は1994年9月4日付紙面。週1回のペースで23年間、1100回を超える長期連載となった。ハロハロは比のデザート名だが、同時にタガログ語で混ぜこぜの意もあり、何でも書こうという趣旨で標題にした。筆者は主に元共同通信記者。比だけでなく、日本やインドネシアからそれぞれの思いの丈を語らせてもらった。衣を替えた新しいコーナーでのコラム復活も検討している。読者の皆さまには長い間ご愛読いただき、ありがとうございました。(立)

社会

鳥インフル、比は終息 国際獣疫事務局が宣言 鶏肉の輸送制限を解除

[ 775字|2021.1.23| ] 無料記事

【鳥インフル比国内で終息を国際獣疫事務局が宣言。国産家禽・肉製品の輸送も解禁】 人にも感染する高病原性鳥インフルエンザ(H5N6型)がフィリピン国内で終息した。今月8日時点で国内でウイルスがニワトリなどの鳥から一切検出されなかったとする農務省の報告に基づいて、国際獣疫事務局(OIE)が比での終息を宣言し、同省が19日に発表した。これを受けて、同省畜産局は生きた家禽と鶏肉製品の国内輸送制限を解除した。  21日付英字紙ビジネスミラーなどによると、鳥インフルエンザの発生に伴う暫定措置として、検査で陰性の証明がないニワトリなどの家禽とその肉製品はルソン島からビサヤ、ミンダナオへの輸送が禁じられてきた。同局のドミンゴ局長は19日、この制限を解除する通達を出し、家禽と肉製品の移動を認めたほか、飼育しているハトの繁殖、訓練、飛行、レースなどの再開も認めた。  高病原性鳥インフルエンザは、渡り鳥を通じて伝搬するとされ、比では2017年8月にルソン島パンパンガ州サンルイス町の養鶏場で発生。同年には中部ルソン地域で約20万匹の家禽が殺処分された。翌年には収まったが、20年3月には同ヌエバエシハ州ハエン町でウズラへの感染が、また7〜8月にはパンパンガ州サンルイス町、リサール州タイタイ町の養鶏場で確認され、鶏の殺処分や養鶏場の洗浄、消毒、監視などの作業が行われてきた。  ダール農相は終息宣言について「ニワトリなど家禽の肉が比人に非常に人気のある動物性タンパク源であることを考えると、歓迎すべき進展だ」と述べた。  畜産局は通達で、これまでの移動制限が感染拡大防止策として有効であったと強調。「被害農家の迅速な報告や、パンパンガ、リサール両州などの自治体の対応、協力に感謝している」とした上で「今後も警戒を怠らず、家禽に異常な死亡例が発生した場合は最寄りの獣医や農業事務所に報告するように」と注意を呼びかけている。(谷啓之)