まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
29度-23度
両替レート
1万円=P4,610
$100=P4,805

1月12日のまにら新聞から

比の渋滞 84カ国中ワースト9位 ASEANで最悪

[ 713字|2021.1.12|社会 ]
コロナ禍にも関わらずクリスマス休暇の買い物客や車両で大渋滞するケソン市の主要道路=2020年12月24日撮影(EPA=時事)

 国家・都市比較統計サイト「ナンベオ・ドット・コム」(本部・セルビア)の2020年半ば実施の国別調査によると、渋滞のひどさでフィリピンが84カ国中ワースト9位となった。東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要6カ国の中では最悪となり、首都圏やセブ都市圏などを中心とした比の渋滞状況の深刻度を浮き彫りにしている。

 同調査では、輸送に必要な平均片道時間を分単位で示した「時間インデックス」、通勤時間が長いことによる不満の推定値である「時間経験」、公共交通機関を利用する代わりに車を運転せざるを得ないなどの状況を示す「非効率指数」、片道通勤で排出する二酸化炭素量を示す「二酸化炭素排出量指数」という4つの指標による複合指数(トラフィックインデックス)で渋滞の深刻度を数値化。半年ごとにデータを更新している。

 比の昨年半ば時点のトラフィックインデックスは198・33で、1年前の調査時から5ポイント近く上昇し、2019年半ば時点のワースト12位から同9位と3ランク順位が悪化。比の場合、特に「非効率指標」が全体のワースト9位、「時間インデックス」や「時間経験」でもワースト12位だった。

 最新ランキングにおいて国別で最も渋滞が深刻なのはナイジェリアで、2位がケニアとアフリカ諸国がワースト2を占めた。3位以下はスリランカ、バングラデシュ、エジプト、イラン、ペルー、インドの順。比に次いで10位に入ったのは南米のコロンビアだった。

 ASEAN主要国で比

に次いで渋滞が深刻だったのはインドネシア(12位)で、以下はタイ(20位)、マレーシア(23位)、シンガポール(35位)、ベトナム(63位)と続いている。(澤田公伸)

社会