まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
34度-23度
両替レート
1万円=P4,390
$100=P4,840

8月23日のまにら新聞から

称賛すべき「クレイジー」 ジーナ・ロペス死去

[ 766字|2019.8.23|社会|新聞論調 ]

 愛称ジーナことレジーナ・ロペスに筆者が最初にインタビューしたのは1997年。その時、ABS─CBN基金のトップであったジーナについて筆者はこう書いた。「基金の最高責任者として、43歳のジーナは毎年150万ドルを、教育番組や家のない子どもたち、災害の被害者のために費やす。彼女は18歳で家を飛び出し、11年間アフリカに暮らした。彼女は、400万人の子ども達に学びの道具としてテレビが届くように、4000台のテレビを52か所に送ったこともある」

 筆者は、富や特権を捨ててインドやアフリカに逃れ、ヨガや瞑想にふけるジーナをクレイジーだと思っていた。今月19日、彼女が早すぎる死を迎えた後も、筆者はやはり彼女を変わり者だと思っている。そして、だからこそ彼女を称賛するのだ。

 ロペス家は、典型的なエリート富裕一家だ。彼女はそれでも支配者層にあらがった。既得権益層と闘うなど、クレイジーにならなければできない。まず勝てはしないからだ。彼女がドゥテルテ政権下で環境天然資源長官の座を追われたのもそのためだ。

 ロペス一族が供給しているのは電力や水、放送などだが、彼女はそれらが無い場所でも暮らした。2016年の記事でその頃を振り返っている。

 「ケニアでは、水のために並ばなければならないスラムで過ごしました。そこで水の価値を理解したのです。使えるのはバケツ一杯の水だけ。多くを持たない時、人はそれを大事にします」

 最後に彼女の次の言葉で締めくくりたい。「人生はあなたがそこから何をつくり出すか、人生経験はあなたがそれをどう見るかです。人が高潔さと奉仕に献身しようとすればそこにはいつも神の力の助けがあります。同様にネガティブな力も私たちの中にあります。それに自覚的でなければなりません」(21日・スタンダード、トニー・ロペス)

社会

比でようやく110万回接種 ワクチン世界格差顕著に

[ 944字|2021.4.13 ] 無料記事

【比のワクチン接種が110万回超える。世界的な流通不均衡の影響も】 政府のワクチン担当責任者のガルベス大統領補佐官は11日、中国シノバック製とアストラゼネカ製を中心とする国内のワクチン接種事業で10日までに計113万7534回分の接種が完了したことを明らかにした。3月1日に接種事業を開始して6週間ほどでようやく100万回を超えたが、欧米諸国などでの接種状況に比べるとスピードは遅い。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は9日「ワクチンの世界的な流通には衝撃的な不均衡が残っている」と表明するなどワクチン流通をめぐる格差が比にも影を落としている。  テドロス事務局長は9日、記者会見で、世界中でこれまでに供給された7億回分のワクチンのうち、87%以上を富裕国が入手しているのに対し、低所得国はわずかに0・2%の確保にとどまっていることを明らかにした。富裕国では4人に1人がワクチンを接種しているのに対し、低所得国では500人に1人しか接種できていないという。  このようなワクチン流通の格差に比も悩まされており、政府は現在まで中国シノバック製ワクチンの確保に重点を置いてきた。ガルベス補佐官は11日、比政府が購入した中国のシノバック製ワクチン第2弾となる約50万回分をマニラ空港第2ターミナルで受け取った際に、シノバック製ワクチンが今月中に計150万回分到着する予定で、5月にも200万回分が到着予定だと明らかにした。さらに6月に450万回分、7月にも300万回分が到着する見込みで、中国製ワクチンが当面、政府主導のワクチン接種事業の主力になりそうだ。  一方、同補佐官によると、ロシアの国立ガマレア疫学・微生物研究所と国防省が共同開発したワクチン「スプートニクV」の第1弾50万回分も4月中に到着する予定だ。スプートニクワクチンについては比食品医薬品局が3月18日に緊急使用許可を出しているほか、比国内で製造するための交渉も続けられているという。  また、同補佐官は11日、企業や地方自治体が政府と共同で調達契約を結んだアストラゼネカ製と米モデルナ製のワクチン計1800万回分も5月に到着する予定だとも述べている。5月以降にこれら欧米製や中国製のワクチンが予定通り到着すれば比国内のワクチン接種事業もようやく拡大するとみられる。(澤田公伸)