まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
35度-25度
両替レート
1万円=P4,620
$100=P5,070

速報ニュース

  •  29日午後8時ごろ、首都圏パサイ市のニノイアキノ国際空港(マニラ空港)で離陸中の小型機が爆発・炎上し、乗員・乗客8人全員が死亡した。同機は医療救助の目的で東京・羽田空港へ向かっていた。  死亡した乗客はカナダ人の患者ジョンリチャード・ハーストさん(64)と付き添い人で米国籍のマリリンベルガラ・デヘススさん(59)の2人。機長ら操縦士3人と、医師、看護士ら医療スタッフ3人も死亡した。ハーストさんが新型コロナウイルスに感染していたかどうかは明らかになっていない。  運輸省民間航空局やマニラ空港局などによると、同機は午後7時58分ごろ、第1ターミナルの24番滑走路で離陸準備に入り、数分後の離陸中に火の玉に包まれた。
    [ 2020.03.30 14:44 更新 ]
  • 志村けんさん死去 新型コロナウイルスに感染し、闘病していたタレントの志村けん(しむら・けん、本名志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、入院先の東京都内の病院で死去した。70歳だった。東京都出身。葬儀は近親者のみで行う。  所属事務所によると、3月17日から倦怠(けんたい)感があり、発熱と呼吸困難を訴えたため、同20日に肺炎と診断されて入院。同23日に新型コロナウイルスへの感染が分かり、治療を続けていた。21日から意識がなく、会話もできなかったという。
    [ 2020.03.30 12:19 更新 ]

お知らせ

  • 4月10日(金)、19日(日)は休刊日です。

最新のトップ記事

比経済減速は1年続く フィッチが見通し発表

米系シンクタンクのフィッチが新型コロナによる比経済の減速は来年3月まで続くと予測

 米系シンクタンクのフィッチ・ソリューションズは、フィリピンに関する経済見通しを発表し、新型コロナウイルス感染の拡大による観光業や送金の縮小、サプライチェーン寸断や外国直接投資の落ち込みなどで比経済の減速が2021年第1四半期(1〜3月)まで続くとの見通しを示した。27日付英字紙インクワイアラーが報じた。

3月30日のニュース

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

スター・ウォーズ /新たなる希望 in コンサート

【時】5月30日(土)・31日(日)【所】SOLAIRE RESORT & CASINO : 1 Aseana Avenue, Entertainment City Paranaque City (首都圏パラニャーケ市)【費】1500ペソ〜6000ペソ【チケット】ticketworld.com.ph 【チケットワールド】電話(02)891 9999 電子メール tickets @ ticketworld.com.ph ジェラルド・サロンガ指揮のABS―CBNフィルハーモニー管弦楽団が映画「スター・ウォーズ /新たなる希望」を演奏する。フルオーケストラ生演奏付き上映コンサート。

ヒルズのペット大行進

【時】5月23日(土)午前11時〜午後6時【所】Bonifacio High Street(首都圏タギッグ市BGC)【費】無料【フェイスブック】www.facebook.com/events/325765538072578 ヒルズペットニュートリション主催。ペット商品や譲渡会が行われる予定。