まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
35度-25度
両替レート
1万円=P4,562
$100=P4,990

お知らせ

  • 6月7日(日)、6月21日(日)は休刊日です。

最新のトップ記事

混乱の国内便、きょう再開協議 自治体との擦り合わせ必要

航空会社や運輸省、保健省、自治体関係者らが、国内便再開に向け5日に協議へ

マニラ空港に到着し、隔離先のホテルなどへ向かうため、運輸省が準備したバスに乗り込む海外比人就労者(OFW)=1日午後2時ごろ、首都圏パサイ市で岡田薫撮影

 首都圏が今月1日に一般防疫措置(GCQ)に緩和されたのに伴い、マニラ空港から主要都市へ飛ぶ予定だった国内便の運航が全便、急きょ中止になった。行き場をなくし、運航再開を待って空港周辺のベンチや道端で寝泊まりする人が出るなど、混乱が広がっている問題で、航空会社や運輸省、保健省、地方自治体の関係者らが再開に向けた協議を5日に行う。

6月5日のニュース

無料記事 英字

Duterte orders officials to release sickness, death benefits for health workers until June 9

President Rodrigo Duterte...

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

配信無料 10日間のグローバル映画祭

 世界各国20以上の映画祭が共催する初めてのグローバル映画祭。会期は10日間。新型コロナウルス拡大防止のため、カンヌ映画祭やニューヨーク映画祭が中止となったことを受け、ロバート・デ・ニーロらが設立した映画製作会社「トライベッカ・エンタープライズ」とYouTubeが共同主催する。 ベルリン、カンヌ、ヴェネツィア、サンダンス、トロント、トライベッカなど世界各国21の映画祭から100作を超える映画が公開される。東京国際映画祭からは、湯浅政明監督の短編アニメーション「夢見るキカイ」が参加。特集は深田晃司監督で「いなべ」「ジェファーソンの東」「ヤルタ会談オンライン」の短編映画3作と、芥川賞作家、綿矢りさの同名小説を映画化した「勝手にふるえてろ」「アイスと雨音」が配信される。支援募金は世界保健機構の新型コロナウイルス感染症連帯対応基金に充てられる。【時】5月29日〜6月7日【上映映画と時間】http://www.weareoneglobalfestival.com【配信サイト】https://www.youtube.com/WeAreOne

期間限定 ドキュメンタリー映画「バナナ植民地フィリピン」

 新型コロナウイルスの感染拡大防止による、長期の学校休校や図書館の休館に伴いNPO法人アジア太平洋資料センターPARC制作の映像作品が期間限定で無料公開されている。【時】〜6月3日(水)まで【PARC】http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/free_edu.html【配信サイト】https://youtu.be/Wy6-y0aO64Y

TBA Studiosの無料配信映画

 フィリピンのインディペンデント映画制作会社TBA Studiosによる無料配信映画。香港で働くフィリピン人家政婦を描いた「サンデー・ビューティー・クイーン」、大阪アジアン映画祭で上映された「ネオ・マニラ」、比のロマンチック映画「I'm Drunk, I Love You」などが公開中。【配信サイト】https://www.youtube.com/channel/UChh0rmwGvToBd3owvN2vRMg