まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
36度-25度
両替レート
1万円=P4,590
$100=P5,140

お知らせ

  • 4月19日(金)は休刊日です

最新のトップ記事

ボラカイ観光客が62万人 1〜4月、前年同期上回る

再開されたボラカイ島への1〜4月観光客数が62万人と前年同期を超える

観光客の受け入れを再開したボラカイ島のビーチ=2018年10月27日撮影(EPA=時事)

 水質汚染のためドゥテルテ大統領による命令で昨年4月26日から半年間、閉鎖されていたビサヤ地方の人気観光地、ボラカイ島に観光客が再び押し寄せている。地元のアクラン州マライ町観光課の最新統計によると、今年1月1日〜4月15日の同島への外国人を含めた観光客数は61万9934人。閉鎖直前の昨年同期の55万3074人を12%も上回っており、「完全復活」を印象づけている。

4月21日のニュース

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

日本人ギタリスト荘村清志さんを迎えて フィリピンフィルハーモニー管弦楽団演奏会

【時】4月12日(金)午後8時〜10時【所】比文化センターの大劇場 CCP Main Theater(首都圏パサイ市)CCP Complex, Roxas Boulevard, Pasay City【費】500ペソ〜1500ペソのほか、 3000、7200、9000ペソのボックス席あり(限定各6ボックス)【チケット】比文化センターカウンター、またはウェブサイトでオンライン購入【問 CCP】電話(02)832-3704 (02)891-9999、電子メール contact_us@culturalcenter.gov.ph【CCPウェブサイト】www.culturalcenter.gov.ph/【フェイスブック】www.facebook.com/events/216853672315429/ 比フィルハーモニー管弦楽団(PPO)45周年を記念した定期演奏会。指揮者は福村 芳一さん。クラシックギターのギタリスト荘村清志さんを迎えての演奏会。

環境保護と比の絶滅危惧種を学ぶ

【時】4月21日(日)午前9時〜午後8時【所】 マインド・ミュージアム(首都圏タギッグ市BGC)The Mind Museum. JY Campos Park, 3rd Avenue, Bonifacio Global City, Taguig City【費】ミュージアム設置のテント入場は無料【主催】The Mind Museum.【問】電話(02)909 6463 電子メール nquiry@themindmuseum.org【公式ウェブサイト】www.themindmuseum.org【フェイスブック】https://www.facebook.com/events/2346647515580676/ 世界アースデイ(4月22日)を記念し、比の絶滅危惧種12種をどのように保護するか、環境にやさしいライフスタイルなどを学ぶ。ライブアートショーではアーティストが絶滅危惧種を制作する。詳細はフェイスブックまたはウェブサイトを参考。

コルディリエラ地域物産市

【時】開催中〜4月14日(日)午前10時〜午後9時【所】バーナムパークのローズガーデン(ベンゲット州バギオ市)Rose Garden, Burnham Park. Jose Abad Santos Dr, Baguio, Benguet【費】無料【主催】コルディリエラ観光省【観光省】コルディリエラ観光省 tourism.gov.ph
【フェイスブック】https://www.facebook.com/events/454046431802268/ コルディリエラ観光省主催。地域の伝統的な食文化を促進するイベント。アパヤオ州、ベンゲット州、イフガオ州、カリンガ州、マウンテン州そうしてバギオ市の物産市。