まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,705
$100=P5,090

お知らせ

  • 7月21日(日)は休刊日です。

最新のトップ記事

国連人権理脱退も示唆 比めぐる決議受け外務長官

ロクシン外務長官がツイッターで国連人権理からの脱退も示唆。報告書決議で

 ロクシン外務長官はツイッター上で13日、フィリピンが国連人権理事会(UNHRC)から脱退する可能性を示唆した。同理事会が11日、ドゥテルテ政権下の麻薬撲滅戦争をめぐり、人権状況に関する包括的報告書提出を求める決議を採択したことへの抗議措置とみられる。

7月16日のニュース

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

Hiraya gallery 主催 ソフィア・チズコ個展 Dreamscapes (ドリームスケープス)

【日】7月11日(木)〜30日(火)、7月11日は開催記念レセプションあり【時】月〜金は午前8時〜午後5時、土・日曜日休館【所】ザ・グローブ・ギャラリー(首都圏タギッグ市BGC)The Globe Gallery, The Globe Tower, 32nd St, cor. 7th ave, Bonifacio Global City, Taguig City【費】無料【問】Hiraya Gallery, Eメール:C_elana@hotmail.com/ 電話(02)523-3331 静岡県出身で米国ニューヨーク在住の日本人アーティスト、ソフィア・チズコの個展。2017年に続き、マニラで2回目。今回はメタルリーフを使った作品を中心に丸と線の抽象画の新作が展示される。世界中からさまざまな人々が夢を抱いて集まるニューヨーク。望郷の念にかられながらもこの都市で生活を続ける人、故郷へ帰る人。何度挫折しても別の道からアプローチを続ける人々・・・。20年におよぶ在住経験の中でアーティストが感じたニューヨークという都市への思いが、作品に表現されている。7月11日(木)午後6時から9時まで一般参加もできるオープニングレセプション開催。参加無料。

現代木彫根付の展覧会

【時】開催中〜21日(日)【所】グリーンベルト5の3階 Ayala Malls Greenbelt (首都圏マカティ市)3rd Level, Greenbelt 5 Phase 1, Makati City【費】入場無料【JFMO フェイスブック】https://www.facebook.com/jfmanila 根付(ねつけ)とは、江戸時代に巾着やたばこ入れ、印籠などを着物の帯につるさげて持ち歩く時、すべり落ちないように紐の先に付けられた小さい留め具。精巧な彫刻が施された根付は、美術品として日本はもとより海外でも高く評価されている。この展覧会では、現代の根付師による木彫の根付作品を紹介。国際交流基金マニラ主催、在フィリピン日本大使館、アヤラ博物館など後援。