まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
1万円=P4,640
$100=P5,290

6月25日のまにら新聞から

PALが民間航空局に燃油サーチャージ申請

[ 238字|2018.6.25|経済|econoTREND ]

 フラッグキャリアのフィリピン航空(PAL)はこのほど、民間航空局に対し、国内線の運賃体系について、158〜405ペソの燃油サーチャージの徴収を認めるよう申請した。国際原油価格の高騰でジェット燃料の経費が膨らんでいるため。燃油サーチャージの徴収申請額は、ビサヤ地方の都市を結ぶ路線は158ペソ、ルソン地方の都市を結ぶ路線は282ペソ、ビサヤ、ミンダナオ両地方を結ぶ路線は222ペソ、ルソン、ミンダナオ両地方を結ぶ路線は405ペソにそれぞれ設定している。(22日・スタンダード)

経済