まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
30度-24度
両替レート
1万円=P4,445
$100=P5,040

10月3日のまにら新聞から

フィリピン航空、クラークとバタネス間に就航

[ 304字|2017.10.3|経済|econoTREND ]

 フィリピン航空(PAL)は1日、クラーク国際空港とバタネス州バスコ間の路線の就航を発表した。PALはマニラ国際空港とバスコ間に現在週2便運航しているが、新しくクラークとバスコ間路線が週4便加わることになる。バスコは風光明媚な観光地として知られており、クラーク国際空港に就航することで、ルソン地方中部や北部からの観光客の需要を見込んでいる。

 クラークとバスコ間はPALエクスプレスが運航し、毎週月、水、金、日曜日午前11時45分にクラーク空港を出発。バスコからの復路便は同日午後2時発。

 バスコ路線新規就航はPALが進めるクラーク空港のマニラ、セブに次ぐ第3のハブ化計画の一環。(2日・Pジャーナル)

経済